よくあるご質問

Q1

料金について教えてください。

 

A1

料金は、こちらの税理士報酬のページに記載されてる金額が基本となりますが、業務のボリュームによって上下する場合があります。
当然ですが、事前に了解をいただいていない報酬については一切いただきませんのでご安心ください。

 

Q2

対応地域はどこですか?

 

A2

原則として、京王線・京王井の頭線・小田急線・JR中央線沿線に限定しています。
低価格・高付加価値を実現するために、来所して頂けるお客様に有利な料金体系とし、税理士の移動コストを最小化しています。

 

Q3

営業日時、問い合わせの時間を教えてください。

 

A3

営業日時は、平日の午前9時00分~午後5時までです。
土日祝日は休業とさせていただいております。

お電話でのお問合せは(03-5426-3743)まで。
また、メールでのお問合せは年中無休24時間受付中です。
原則として送信後1営業日以内に返信させていただきます。

 

Q4

夜間や休日に相談することはできますか?

 

A4

可能です。平日にご都合が合わない場合や、緊急の案件の場合には、 事前予約の上、夜間や土日祝日も対応しております。まずはお気軽にお問い合わせください。


Q5

契約するかわかりませんが、相談できますか?

 

A5

可能です。

初回の無料相談でしっかりとコミュニケーションをとり、納得した上でご契約されることが望ましいです。

 

Q6

税理士を選ぶ基準は、どんなものがありますか?

 

A6

個人的な意見として、「誠実である」ことが大事と考えます。

どれほど能力やサービスが優れていても、「貴社の発展を心から願っている」パートナーでないと長期的な良い関係は続きません。

 

その他の基準として、

・ 貴社の業界やビジネスに詳しいか

・ 相談しやすいか
・ 対応が素早いか
・ 経験豊富で知識も充分備えているか
・ 様々な問題に対処できるネットワークを持っているか
などがあります。

 

Q7

小さな事務所で大丈夫ですか?

 

A7

事務所の規模によって、それぞれメリット・デメリットがあります。
大きな会社や海外展開を予定する会社にとっては、各分野の専門家の揃った大きな会計事務所に頼むほうが良いと思います。

ゴールド会計は中小企業に最適な会計事務所です。
特に売上5000万円~10億円程度の会社にとっては、経営計画の立案や経営改善のお役に立てると自負があります。

 

Q8

担当者は誰になりますか?

 

A8

原則としてお客様との面談は代表税理士が行います。
代表税理士が日頃からお客様と直接コミュニケーションをとることで、会社の現状を正確に把握し、深い関係を継続的に築くことができます。

 

Q9

税理士を変更したいです。どのような手続きが必要ですか?

 

A9 

①変更前の税理士へ解約する旨を伝え、預けてある書類を返却してもらいます。

②新しい税理士との間で顧問契約を結びます。
過去の決算書や総勘定元帳などの資料の提出が必要です。

 

Q10

会計事務所の変更を考えていますが、タイミングはいつが良いですか?

 

A10

いつでも可能です。 決算時期に合わせる必要はありません。
なるべく早めに相談して頂くことで、多くの対策を実行することができますので、お早目にご相談ください。

 

Q11

税理士を変更する際、今の税理士には何と言えばいいでしょうか?

 

A11

「知り合い(または親戚)が開業して、どうしても断りきれない」とお伝えください。
解約後に資料の依頼などをする可能性がありますので、なるべく関係を悪化させないことが理想です。

 

Q12

顧問契約を結ぶメリットは何ですか?

 

A12

顧問契約を結ぶことにより、定期的な打ち合わせや連絡を通して、お客様の現状を正確に理解し、深い関係を築くことができます。

その結果、お客様にあった節税や資金繰り対策のご提案が可能となります。
また、税務や財務の枠を超えて、経営全般に関する相談も全力で受け止め、一緒に解決策を探ります。

 

Q13

顧問契約は結ばずに決算だけをお願いすることはできるのですか?

 

A13

決算業務だけのご依頼も可能です。主な業務内容は、決算書類作成とワンポイントの税務アドバイスとなります。顧問契約により継続的にコミュニケーションをとっているお客様と比較するとアドバイスの質は低下します。価格重視のお客様にお勧めです。

 

 

Q14

契約した後に解約することはできますか?

 

A14

当事務所との契約は、1年間の自動更新契約となっておりますが、 お客様からの申し出により、契約期間内であっても解除することができます。
ただし、業務が完了している部分についての報酬は返金致しかねますのでご了承ください。

 

Q15

まもなく決算ですが何もしていません。サポートしてもらえますか?

 

A15

どんな状況でもできる限りお引き受けしています。

 

Q16

融資の相談はできますか?

 

A16

可能です。ゴールド会計は、認定経営革新等支援機関として国の認定を受けており、当事務所の支援を受けることで融資実行の可能性が上がります。
特に創業融資の場合には、専門家のサポートを受けて融資申請を行ったほうが、借入条件(保証料・金利・返済期間など)が有利となり、結果的に時間もコストも削減できるケースが多いです。

 

Q17

脱税や節税はできますか?

 

Q17

気になることは何でもご相談ください。
「脱税はダメ、節税の相談はできます」という税理士が多いです。

しなしながら、税務に不慣れな方の判断基準は様々で、脱税と節税の境界線がわからないことが多いです。

 

ゴールド会計では、合法的な範囲で、納税者の方の利益の最大化を図ります。

当然のことながら、明らかな黒(売上隠し、架空人件費など)はお勧めできません。

法律的・倫理的な問題は当然のこと、長期的にみれば、納税者の方にとっても損を与える選択であると確信があります。

 

Q18

税務調査の立会いはしてもらえますか?

 

A18
代表税理士が税務調査の立会いを行います。
税務調査の結果は立会いをする税理士によって大きく異なります。

「お土産が必要」という税理士は信用してはいけません。
ゴールド会計では、税務署との折衝において一切の妥協をしません。